2018年03月10日

The Rainbow Goblins - 虹伝説

The Rainbow Goblins」をAmazonで購入。
叔母か叔父が持っていたと思われ、私が小学校低学年ぐらいの頃に祖父の家で読みました。ストーリーはまったく覚えていないんですが、とにかく印象的な絵が強烈に記憶に残っていたものです。

先日、ふとしたことでこの作品の紹介が目に止まり、思わずAmazonでポチッ。翻訳版は絶版で中古しか無かったので、勉強も兼ねて英語版を選びました。改めて読んでも、というか今読んだ方がグッときますね。内容は他愛も無いおとぎ話なんですが、とにかく写実的な絵が美しく、ゴブリンや虹の表現力には舌を巻きます。




高中正義が同作品にインスパイアされて作ったコンセプト・アルバムを聴きながら読むのも一興。
確か祖父の家にはレコードもあったと思います。当時は綺麗だなーぐらいに思っていましたが、どこか不気味な絵が近寄りがたさもあったような。もしかしたら聴いたけど、フュージョンは当時の私には難しかったので音楽は記憶に残っていないのかもしれません。うろ覚え…。


 
posted by Touchy at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2017年05月05日

せいぞろい へんないきもの

掲題の書籍を読みました。
あるカフェに置いてあり、一読して虜になったものです。
よく知られたものから、「本当にこんな生物いるの?」という驚きの生き物まで。多少なりともアカデミックな興味を持つ動物好きなら買って損は無い本だと思います。本書でも度々触れられていますが、進化の不思議に思いを馳せざるを得ません。面白おかしい文体で書かれてはいますが、生きとし生けるものに畏敬の念を持てる良書かと。あ、ヒルや寄生虫とかも若干出てきますので、虫とか苦手な人は買わない方がいいかもですが。


 
posted by Touchy at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2013年12月04日

感想:代替医療解剖

「代替医療解剖」を読みました。
鍼、カイロプラクティック、ホメオパシー、サプリメント、デトックスなど、巷に跋扈する代替医療と呼ばれるものの効果や危険性を科学的に公平な目で分析するというもので、非常に説得力があります。
例えば、デトックスの茶色い水は毒素などではなく、装置の金属の錆が主成分であるとか、ホメオパシーのレメディには有効成分(とされるもの)が1つの分子も入っていないこととか、淡々と事実を書いているのですが、とても分かりやすいです。

当然のことながら、(酷いものになると)霊感商法と同じレベルで人々を騙して大儲けしている代替医療産業に、段々と腹が立ってきます。しかし、読み終わる頃には少し考えが変わりました。
一部の政府や機関、大学などで代替医療を容認しているのは意図的なものではないかと勘ぐっています。それは、年々高騰する医療費の削減を狙ったものではないかと。重篤ではない患者がプラセボ効果の代替医療にかかるのは個人の勝手ですし、保険のかからない暴利の費用を払おうが経済効果という面ではプラスです。もっとうがった見方をすると、末期患者が代替医療を使えば速やかに逝去されるので高額な延命治療費が削減できる…。
上記はあくまで推測ですが、とにかく知識と批判力は大事だなと痛感した次第です。

作中にはDHMOのジョークが引用されています。ご存じない方は是非一読を。
いかに我々の判断が感情的で非論理的なものに騙されやすいかということを証明しています。
posted by Touchy at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2012年04月06日

AKIRA

akira-thumbnail2.png先日、Amazonで「AKIRA」のコミック版全6巻を大人買いしました。映画は昔から好きでDVDも持っているんですが、原作は値段が高いので躊躇して今に至っていました。で、読んでみて…。もう度肝を抜かれました。想像以上に素晴らしい。映画も素晴らしいですが、密度が映画の比じゃない。よくまぁ、こんなに盛り込んだなというぐらい色々描かれている。
あまりに面白くて、一気に読んでしまいました。そして、読み終わった後、アメコミの「ウォッチメン」を読み終えたときの恍惚とした脱力感と同じ感覚を味わいました。

もう一昔前といってもいい時代の作品なのに、これを超えるものってどれだけ作られたのか…。恐ろしい作品です。賞賛し切れない。
あんまり関係無いけど、巻末で手塚治虫先生に対する謝辞があるのも感動。
posted by Touchy at 22:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | 書籍

2011年08月10日

海辺のカフカ

やはり理解不能度:★★☆☆☆

「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」に続き、「海辺のカフカ」を読みました。前者は私が読んだ村上春樹作品の中で唯一素晴らしいと思えた小説だったのですが、今回読んだ後者については、「ねじまき鳥クロニクル」や「1Q84」と同様に理解不能な内容でした。

物語の中盤に差し掛かった頃から「これは私が苦手なパターンだ」と嫌な予感を覚えたのですが、見事に的中した形です。一体何が私の肌に合わない原因なのか、分析しつつ読んでみました。
まず第一に、村上節とも言える奇想天外なストーリー。思い付きで書いてるんじゃないかと真剣に疑いたくなるような内容は興味深くはあるのですが、悪く言うと支離滅裂に見えてしまいます。
第二に、抽象的に過ぎる主題の多用。随所随所で使用する分には良いんでしょうが、今作では濫用され且つ冗長に感じられ、読み終わる頃にはそこに込められた意味を探すことに疲れ果ててしまいます(私の場合、結局どこへも着地せずに終わりましたが)。
第三に、著者独自の修辞や情景描写が自身の作品へのオマージュかのように複数の作品で使い回されていますが、その意図がイマイチ汲み取りにくく、単なるファンサービスのような俗っぽいものに見えること。

ハルキストの奥さん曰く、私は頭が固過ぎるとのことですが、確かにそうなのかもしれません。もっと柔軟に直感で色々と感じ取れる人や、普段から抽象的な概念を頭の中で扱っている方には向いているような気がします。

作中にプリンスが出てくるのはポイント高かったです(笑)
レディオヘッド等とともに、主人公が聴く音楽として描写されています。出てくる曲名を原文に忠実に表記すると「リトル・レッド・コーベット」と、「セクシー・マザーファッカー」。これは意図とかどうでもよく、とにかく嬉しいものです。

posted by Touchy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍

2011年08月01日

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

絶妙度:★★★★★

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を読みました。
奥さんが村上春樹ファンのため、うちには彼の著作が沢山あります。以前に「ねじまき鳥クロニクル」と「1Q84(Book2まで)」だけ読んだことがあるんですが、イマイチしっくりきませんでした。読んでいて面白いのですが、読了後にすべてがスッキリまとまらないというか…。あと特徴的な修辞も、少々わざとらしく思えたり。

しかし、今作については文句の付け所がありませんでした。
色彩豊かな修辞、奇想天外な展開、内省的な深み。読み終えた直後に「もう一度読みたい」と思った本は今作が初めてです。見事。



次は「海辺のカフカ」でも読んでみようと思います。
posted by Touchy at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍