2011年06月24日

理解不能:藤井まり子氏

Twitter でも呟いたのですが、かなり前に変なブログ記事を見かけました。筆者の藤井まり子という人によれば、宮崎監督の「ハウルの動く城」が原発推進の裏メッセージを込めた作品だというのです。
⇒ 宮崎アニメ「ハウルの動く城」に込められた「原子の火を絶やすな!」という強いメッセージ

作品の解釈というレベルではなく、口調はすべて断定的。
以下原文ママ抜粋。

『スタジオ・ジブリの宮崎駿氏は、アニメの「ハウルの動く城」の中で、熱心に、「それでも原子の火を絶やしてはいけない」との強いメッセージを、見る者に送っている。』
『そんな空気の中で、「けれども、少なくとも、『原子の火』を絶やそうとすることは、この上なく身勝手で傲慢である」ことを、スタジオ・ジブリと宮崎駿は、「原子の火:カルシファー」というキャラクターにそっと暗号として忍ばせて、アニメの中に始終強いメッセージとして残している。』



当時、それを読んでいた私は「へー、そうなんだ…」と宮崎駿監督に対して少々がっかりした覚えがあります。この映画は観ましたが特に思い入れも無かったのと、あまりにも自信たっぷりに書かれていたため、素直に信じたんだと思います(ちょっと強引じゃないか?とは思いましたが、深く考えませんでした)。



しかし!
今日、偶然こんなニュースを発見したのです。
⇒ 反原発を表明したスタジオジブリ、作品に込められたメッセージ
上記の記事がまったくのデタラメだということが分かり、強い憤りを覚えました。宮崎駿監督は思いっきり反原発じゃねーか!と。上記の記事は一体何を根拠に書かれたのか、理解に苦しみます。作品に対する「解釈」は自由ですが、藤井氏のように影響力のある(?)人が誤解を招く書き方で著名な作品を利用するのは、個人的解釈の枠を超えた卑劣な行為だと思います(個人的に藤井氏については一切知りませんでしたし、よく分からない経歴の方ですが)。少なくとも、私のように、まんまとミスディレクションされた間抜けな人間もいるので、看過し難いかなと。しかし、この方は池田信夫のブログにも出入りしているそうで、何かと権威付けしたがる人なんでしょうか…?

既に色々叩かれているようで、上で紹介したアゴラではなく、藤井氏自身のブログでは文章の加筆・訂正が行われています。きちんと謝罪等をしたのならいいですが、そうではないとしたら姑息の一言に尽きます。
⇒ 貞子ちゃんの連れ連れ日記
この藤井氏の公式ブログ、タイトルからしてアレですが、我慢して読んでみると更に気分が悪くなりました。色々調べてみると、他にも歪曲した情報を色々垂れ流している模様。救いようがありませんね。


最後に宮崎駿監督から首相へ向けたメッセージ動画を埋め込んでおきます。

posted by touchy at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物申す

2011年05月02日

Dei Energie 5.2☆11.8

Dei Energie 5.2☆11.8.jpg

三原順さんの漫画の内容が非常に的を得ていると、一部で話題になっています。抜粋されたページを見ると、現在の状況の予言とも思えるほどの洞察力に、思わず感嘆の息が漏れます。私は姉2人の末っ子だったので、小さい頃から少女漫画に親しんでおり、LaLaなんかも勿論(?)知ってます。三原さんの名前は知りませんでしたが「はみだしっ子」の人、といえばピンと来る感じ。
勝手に貼るのはアレですが、端的に本質を捉えているコマなので、多くの人に見てもらいたい内容です。

>>続きを読む
タグ:原発 東電
posted by touchy at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物申す

2011年03月27日

LOVE ME TENDER

ザ・タイマーズによるエルヴィスのカバー"LOVE ME TENDER"
 
歌詞は単なる和訳ではなく、原発に対する批判に改変されています。それが原因で発売中止・放送禁止の憂き目にあいました。そして、私が高校の頃、先生が授業中に流して紹介してくれた、思い出深い曲でもあります。
当時は「真面目そうな先生なのにRCサクセション(正しくはタイマーズ)とか聞くんだなー」などと呑気なことを思ってたのですが、先生は正しかった。忌野清志郎、もといゼリーさんはもっと正しかった。
今回の原発の被害は、この曲を放送禁止にした人間および決定権の一部を担いながら看過していた全員の責任だと思います。勿論私も含めて。

経済、犠牲、便利、怠慢、高慢、保身、誤謬、そして利権




何言ってんだー、ふざけんじゃねぇ
核などいらねぇ
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ

何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何言ってんだー、税金かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
だまそうとしたが
今度のことでバレちゃった、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
だまされちゃいけねぇ
posted by touchy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物申す

2010年08月06日

黙祷

空き缶首相が、よりによって広島でこの日に、核の傘は必要だとのたまったらしいですね。一般市民を対象にした大量殺戮。ジュネーブ条約にも違反するような戦争犯罪を犯した国アメリカ。そのアメリカが自国に落とした兵器で守ってもらおうなんて、どういう神経をしているのか、理解に苦しみます。

大戦後、常にどこかの国と戦争をし続けている糞みたいなアメリカに守られているのは真の平和ではなく卑怯な保身だと思います。
真の平和は武装放棄でしか得られないと考えるのは理想主義でしょうか?戦力の均衡で得られる「戦争の無い状態」は、平和ではなく静かな緊張に過ぎないと思います。張り詰めたものは、いつ切れるか分かりません。
posted by touchy at 00:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 物申す

2010年03月01日

石原都知事

ちょっと古いネタですが。
 
チン太郎。
前から大嫌いでしたが、またもや。
曰く、銅メダルで大喜びしてるのは日本ぐらいだと。
各選手の努力に水を注す発言。
本人は、東京誘致の阿呆みたいなCMに信じられない大金かけて、説明義務も電通に丸投げしてるくせに、何考えてモノ言うてるんでしょうかね。
ソース元
posted by touchy at 06:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 物申す

2010年02月12日

鯨と海犬 金と暴力

シーシェパードがやりたい放題で問題になってますが、本件に対して、なんとも言い難い虚しさを覚えるのは私だけでしょうか?
どちらが正しいとかではなく、双方とも莫迦だと思うのです。
 
日本側が捕鯨に拘るのも大概ですよね。結局、金になるから捕ってるくせに「日本の伝統文化だから」という都合の良い建前を持ち出してるあたり、胡散臭すぎます。
 
あと、捕鯨禁止の理由が生態系の保護というのは納得がいくんですが、鯨やイルカの知能が高いことを理由にする人には閉口してしまいます。だから家畜を大量に「生産」して殺すのはOKなんですね。だって牛とか頭悪いし。
posted by touchy at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物申す