2016年02月13日

インターステラー

科学度:★★★★☆

重力波が観測されたというニュースを観て、感想を書くことを思い出しました。
先日、何の予備知識もなく、映画「インターステラー」を飛行機で観ました。
序盤だけ見ると、よくあるB級近未来ミステリーものの臭いがしたのですが、途中からは想像もつかないほど話が大きく展開していきます。地球を復活させるために宇宙の彼方を目指すという、宇宙戦艦ヤマトの世界。ただし、最新の科学の知見が盛り込まれており、そのあたりに詳しければ一層楽しめそうです。とにかく重力がキーになります。一般相対性理論の絡みで時間の流れが遅くなるというのはもはや一般常識なので何となく分かりますが、後半の展開は正直付いていけず。特に2001年宇宙の旅を彷彿とさせるハイライトのシーン、もう少し予備知識を付けてからもう一度観てみたいと思います。


posted by touchy at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年02月02日

007 スペクター

ジェームス・ボン度:★★★☆☆

映画「007 スペクター」を観賞。
いやー、安定のクオリティですね。ファンにはたまらないでしょう。と、わざわざ「ファンには」と書いたのは、私はファンではないからなんです。007といえば、あのテーマ曲と、知的でセクシーなボンド。ちょっと荒唐無稽だけどスカッとするアクションが魅力なのかと思います。ダニエル・クレイグは自分的にはイメージが違うので、単なるアクション映画に見えてしまうんですよね。いや、普通に面白いですよ。私があまりアクション映画好きじゃないだけで。
※ボーンシリーズは除く


posted by touchy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年01月28日

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

上品度:★★★★☆

映画「Mr.ホームズ」を観賞。
探偵を引退して田舎で養蜂にいそしむホームズが主人公。かなり老齢な上に健忘症に悩まされているという、かなりチャレンジングな設定。探偵を引退することとなった最後の事件の記憶と現在の出来事を絡めながらストーリーが進んでいきますが、なかなか秀逸。なぜか日本が大きくフィーチャーされているところも嬉しいところ。
ところで主演のホームズ、どこかで見たことのある人だなーと思っていたら、ロード・オブ・ザ・リングのガンダルフでした。年老いたホームズの悲哀をうまく表現できていたと思います。


posted by touchy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年01月27日

マッドマックス 怒りのデス・ロード

世紀末度:★★★☆☆

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観賞。
冒頭から最後まで息つく間もないアクションの連続。そしてどれもが凄いクオリティ。ディティールに至るまで狂気に溢れており、一目見ただけでストーリーを感じさせる世界観はさすがといったところ。実は過去の作品はチラ見レベルでしか観たことがないんですが、十分楽しめます。こういう映画を3Dとかで観ると楽しいんだろうなー。


posted by touchy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年01月18日

おとうと

家族愛度:★★★☆☆

映画「おとうと」を観賞。
大好きな寅さんシリーズの山田洋次監督ということで期待して観ました。

映画序盤で大体の流れは想像付いて涙を覚悟したんですが、終盤の間延び感は否めないところです。個人的にはお涙頂だいで引っ張る展開は好きではないので、もう少しサラリといってほしかった…。若干興醒めです。
ただし、ラストの括り方は素晴らしかった。「かわいそうじゃない」この一言に、家族愛とは何なのかということが、すべて集約されている気がします。
吉永小百合の大根ぶりも、この役柄ではアリですね。
 

 
posted by touchy at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年01月10日

土竜の唄

アホ度:★★★★☆

映画「土竜の唄」を観賞。
クドカンということで期待してみましたが、期待通り笑わせてくれました。主演の生田斗真の体を張った笑いから始まり、豪華キャストによるたたみかけは最強。終盤の展開で少し息切れしたのが残念ですが、それを差し引いても面白かったです。いや〜、鉄板ですね。
原作は漫画ということで後から調べてみましたが、一度読んだことがありました。あまりに絵が下手なので読む気がしなかったんですが…。でも、「ドラゴン桜」とか「進撃の巨人」のように内容が良ければ絵が下手でも人気が出るのが最近の傾向なんですね。


 
posted by touchy at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画