2017年03月11日

グランド・ブタペスト・ホテル

ホテル等級度:★★★★☆

映画「グランド・ブタペスト・ホテル」を観賞。
この映画の妙は「語り」だと思います。小説家がとある作品の題材について、何から着想を得たかを回想することから始まります。かつて栄華を極めたが廃墟のように寂れたホテルが舞台。そこで不思議な老人と話をすることになり、夕食時に老人の思い出話を聞くことになるんですが、ここで回想の中でさらに回想になります。全編の演出で特徴的な、絵画的な演出は、これらが記憶と伝聞の中で語られていることを示しているのだと思いますが、その美術的センスがとても秀逸で感心。どこか現実離れした美しい世界です。
ネタバレになるので核心には触れませんが、物語のキーとなる人物達の愛すべき性格が心地良い映画です。観る人によっては「だから何?」となるかもしれませんが、ウィットに富む映画が好きな人にはお勧め。


 
posted by touchy at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179058907

この記事へのトラックバック