2015年02月01日

イスラム国人質殺害の件

イスラム国で人質となった邦人2名が殺害されました。
ご遺族の無念さを想像すると、かける言葉も見つかりません。ご冥福をお祈りいたします。

救出は叶わず、残念ながら悲惨な結末に終わりましたが、一連の経緯は我々日本人にとって重要な問題提起だったように思えてなりません。今回の事件は連日のニュースで取り上げられましたが、何名かの外国人がイスラム国の人質となって殺害されていた時は、実に他人事だったように記憶しています。「乗客に日本人はいませんでした」効果というか、結局我が身になるまでは対岸の火事なんですよね。

その殺生さの根深さは、イスラム国の成り立ちにも通じます。先進国で数名が死んだら大問題となり日本でもニュースを流しますが、いわゆる第三世界で数千人が死んでも先進国は朝ごはんを食べながらフーンと聞き流している。日本に至ってはニュースにすらならない場合もある有様。彼の国で起きている混乱はどうでもよくて、自国の物価のニュースに一喜一憂。世界中の紛争やテロリズムの根の多くは、西側諸国が自分勝手に利権を食い散らかして国を荒廃させたことに端を発するのは周知の通り。骨の髄までしゃぶられた後、世界から見捨てられ、為す術を失った人間の末路は想像に難くありません。
上記のようなことを言ったあと、フォローとして「テロリストを正当化するつもりはありません」というのがお決まりの決め台詞ですが、果たしてそうでしょうか?もし大きな権力によって自分の人生が翻弄されたら?家族や友人を殺され、未来の展望も希望も無く、絶望の淵にいたら?行儀よく真面目な模範的な市民として暮らせるでしょうか。私は正直自信がありません。

この醜悪な構図に対して果敢に挑んでいるのが、後藤さん含む勇気あるジャーナリストだと思います。誰からも見捨てられた人にスポットライトを当てて世界を良くしようと信じていた人です。そんな方の使命感と勇気は大事に語り継いでいかれるべきです。
行かれる前に死を覚悟されており、もし殺されても恨まないという旨の発言をされていた後藤さんには尊敬の念を禁じ得ません。安倍政権は、このあと人質殺害事件を利用して集団的自衛権等の拡大を推し進めていくつもりかもしれません。今回の件が政策推進のカードとして利用されるのは、故人にとってあまりに無念なはずです。くれぐれも、国民の懸命な判断と権力に対する監視が必要だと考えています。
posted by touchy at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物申す
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113003052

この記事へのトラックバック